ニュース

(解答速報)大学入学共通テスト:英語+ツイッターの反応は?

16日に行われた大学入学共通テストですが

Twitter上ではすでに解答速報が話題となっております。

また今回の英語のテストでは

難しかったの声や

簡単だったなど様々な声が上がっております。

大学入学共通テストの英語に関する

Twitterのまとめをしたいと思います。

大学入学共通テスト:英語

大学入学共通テスト初日に行われた英語のリーディング(従来の筆記)は、大学入試センター試験から大きく様変わりして読解問題のみとなり、問題ページ数も昨年のセンター試験より6ページ増えて32ページとなった。発音やアクセント、語句整序などを単独で問う問題は姿を消し、六つの大問全てが読解となった。友人同士の携帯メールのやりとりや、ミュージシャンのファンクラブのウェブサイトを設定するなど、単なる長文とは形式を変える工夫が見られた。  従来のアメリカ英語だけでなく、イギリス英語のつづりを使った問題も出た。英語のリスニングは、音声がすべて2回読みだったのが、大問6問のうち後半4問が1回読みで難度が上がった。多様な話者による英語を聞かせるという作成方針に基づき、日本人話者による音声も流れた。  このほか地理歴史・公民の各教科では、文献や史料など多様な資料を題材にする問題が頻出した。ページ数は世界史Bが6ページ、現代社会が5ページ増えるなどした。国語でも、大正期の小説を出題した上で、その小説の批評も示し、二つの視点を提示。思考力や判断力を問う狙いという。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/63535ccfd7d0212071d16e9021cecfe1b1444a86

Twitterのまとめ

関連記事

Back to top button