ニュース

斎藤涼介被告:刑務所で死亡!生い立ちやイケメンでジュノンボーイとは?死因は急性腎不全新潟駅前女性刺殺事件

新潟駅前女性刺殺事件で女性を殺傷した罪で刑務所に服役していた

斎藤涼介被告が刑務所内で死亡いたしました。

斎藤涼介被告の裁判は未だ開かれておらず

裁判の途中で急性腎不全のため死亡が確認されました。

斎藤涼介は「生い立ち」「イケメン」などというワードが見受けられますが

女性を殺傷したことには変わりございません。

また生い立ちはどのような人物だったのでしょうか?

2019年、新潟駅前で当時20歳の女性を殺害した罪などに問われていた男が、刑務所で病死していたことが分かりました。 死亡したのは殺人などの罪で起訴されている住居不定の無職・斎藤涼介被告(26)です。 斎藤被告は2019年11月、新潟駅前のビルで当時20歳の女性を包丁で複数回刺し、殺害した罪などに問われています。 斎藤被告の裁判はまだ開かれておらず、裁判に向けての手続きが進められていましたが1月3日、斎藤被告が新潟刑務所で死亡していたことが警察などへの取材で分かりました。 新潟刑務所によりますと、巡回中の職員が布団の中にいた斎藤被告に声をかけたところ応答がなく、救命措置をとりましたが、その後死亡が確認されたということです。 死因は急性腎不全とみられています。 新潟地裁によりますと、刑事事件の被告人が死亡した場合は、裁判所側の判断で公訴が棄却されるということです。

出典:新潟総合テレビ

斎藤涼介の生い立ちやイケメンとは?

斎藤涼介被告は埼玉県出身で

過去にはジュノンボーイにも応募した経歴を持つイケメンで

事件が起き当時は話題となりました。

交際女性を殺傷した罪で服役しておりましたが

今回刑務所内での死亡が確認されました。

Twitterの反応

関連記事

Back to top button