ニュース

(加須市)暴言の主任保育士(71)の名前と顔写真特定か?認可保育園の場所はどこ?

加須市の認可保育園で主任保育士の女性が園児に暴言を吐くなどしたとして書類送検されました。

この保育士は71歳で園児に足払いをするなど危険な行為もしていたということです。

保育園などの不祥事が近年目立っている感じもしますがネット上でも今回の埼玉県加須市の保育士の行動は酷いと炎上しているようです。

今朝は加須市で起きた認可保育園での主任保育士の暴言などの不祥事に関しての話題です。

加須市の認可保育園の主任保育士(71歳)

埼玉県加須市の認可保育園での71歳の主任保育士の暴言などでの書類送検の事件は読売新聞が下記のように報じております。

埼玉県警が、加須市にある認可保育所の元主任保育士の女性(71)を暴行容疑でさいたま地検に書類送検したことが、関係者などへの取材でわかった。

関係者などによると、元主任保育士は昨年5月中旬、同保育所内で、当時の園児2人の頭をぶつけさせた疑いが持たれている。園児のうち1人の母親が今年に入り、県警に被害届を出していた。

同保育所を巡っては、市は昨年5、6月に行った臨時監査で、園児に「ばか、のろま」などと発言したり、近付いてきた園児を足で払いのけたりするなど、今回の元主任保育士に「〇待に当たると疑われる行為」があったと指摘。市は昨年6月19日付で、同保育所を経営する法人に対し、文書で改善指導を行った。

出典:読売新聞

加須市の認可保育園で起きたベテランの保育士の暴言などの不祥事ということですがどうしてこのような事になってしまったのでしょうか。

母親からの被害届により今回の不祥事が明るみに出たということですがネット上では余罪があるのではなどの意見もあります。

70代の保育士が園児に向かっての暴言など幼児教育に悪影響があったことは否定ができないのではないでしょうか。

今後はこの71歳の主任保育士への何らかの処分があるものと考えられます。

暴言保育士は誰で名前と顔写真は

加須市の認可保育園で起きた暴言などの保育士は誰なのでしょうか。

現時点では埼玉県警からの名前などの公表はないのでしょうか。

報道機関では逮捕などではなく書類送検の対応などということもあり氏名や顔写真の報道はしていないようです。

保育園名と場所はどこ

埼玉県で起きた暴言保育士の勤務していた保育園名は何というのでしょうか。

社会福祉法人 吉川保育園と特定されています。

今後、5chなどの掲示板やSNSからこの認可保育園名や主任保育士の名前などが出てくる可能性もありますのでそちらを注視していこうと思います。

認可保育園名が特定できた際にはこちらのブログにも追記しようと思います。

ネットの反応

ネット上では加須市の認可保育園で起きた暴言や虐待の不祥事で非難の声明がたくさんあるようです。

なぜ70代のベテランの主任保育士という立場の女性がこのような事をしたのか疑問です。

ネット上では日常的にこのような不適切な行動をしていたのではなどの疑問の声も多いようです。

主任レベルの人間かこれか…
子どもも勿論だけど、こんな園に自分の子どもを預けてしまったことを親御さんも悔やんでいるだろな。
定期監査とかできっちり見つけて貰うのが一番良いんだけどな、保育士の立場で園児に暴力とか最低だわ。

20数年前、娘の通っていた20代幼稚園教諭
暴力は無かったが
休み時間以外のトイレ禁止
時間内に着替え終わらなかったら
制服ゴミ箱にポイ
着替えの手伝いをした娘は怒られ
とにかく感情的に怒る
参観日に保護者たちがいる時にも
名前を呼んで間違って前に行ったら(娘の仲良しさん)「呼んでない!」と罵声を浴びさせる先生
いたなー。保護者も凍り付いていた。
仕事が早かったから(子ども見てないから仕事はさっさと終わる)園長先生には気に入られていた。
この主任も同じように、野放しにされた理由があるんでしょうね。

子供が3歳の時、生まれて初めて口にした苗字は〇〇ちぇんちぇい、だった。自分の苗字を言えるようになるよりも先に。
保育士は、本来、やりがいのある素晴らしい仕事だと思う。
不適格な保育士が、70歳を超えても主任を務めていたのは、園自体にも問題があると思う。運営を見直して、保護者が安心して子供を託せる健全な園に改革してほしい。

71歳主任かぁ。
偏見かもしれないけど園の体質も悪そう。
71歳なら、在職してても主任なんて役割はもう少し若い人に譲って、一歩引いた立場で現場のフォローするとかそういう役割になるもんじゃないかなぁ。
本人が主任にこだわっていたか、辞める職員が多くて他に主任になるような中堅が居なかったか…。
アンバランスさを想像する。

71歳は現場は無理でしょう…
30代の自分でも、毎日クタクタなのに…
知力も大事ですが、現代の保育現場は、体力と忍耐力がないとまず成り立たない仕事です。

43年前、幼稚園で私も同じような目に遭ってました。
お弁当を食べるのが遅かった私は、遂に掃除が始まり全ての腰掛けが机に逆さまになった埃の舞う教室の中、食べ終えるまで泣きながら食べさせられました。
それ以来、早く食べられるようにパン好きを装って、母にいつもパンを持たせてもらい、やり過ごしました。
当時のトラウマで、今でもパンが嫌いです。
その担任は私だけをわざと苗字で呼ぶ事でクラス内で孤立させ、次第に通園が苦痛となり嫌がりながら行動する事をのろまと罵り、母親には誇張した『今日の悪い行動』を報告して帰宅後に叱られるように仕向けられました。
まだまだありますが、仕返しをするような年齢ではなかったからか、大きな事件も起こさずに生きてこれました。

関連記事

Back to top button