ニュース

松浦恒一郎容疑者のFacebookや顔画像特定?勤務先は帯広市立小学校?場所はどこ?SNS

北海道帯広市の市立小学校教員が16歳の少女に不適切な行為をしたとして男が逮捕されました。
逮捕されたのは北海道帯広市の市立小学校に勤務する松浦恒一郎容疑者(26)です。
最近、教論によるわいせつ(不適切)な行為が多いことでSNSでも話題となっております。
また教師を信じられなくたってきたなどの無関係者の信頼までも薄れていっているようです。
今回は、北海道帯広市の市立小学校の教員で16歳の少女に不適切な行為をした男性について取り上げたいと思います。

松浦恒一郎容疑者を逮捕

北海道帯広市の市立小学校の教員で16歳の少女に不適切な行為をした松浦恒一郎容疑者については以下のように報道されています。

SNSで知り合った当時16歳の少女に、自宅でいかがわしい行為をしたとして、小学校教師の26歳の男が逮捕されました。
北海道青少年育成条例違反の疑いで逮捕されたのは、北海道帯広市に住む小学校教師、松浦恒一郎容疑者(26)です。
松浦容疑者は3月23日、当時釧路市内にあった自宅で当時16歳の少女にいかがわしい行為をした疑いが持たれています。
警察の少年補導活動の一環で事件が発覚しました。
松浦容疑者は調べに容疑を認めていて、警察が動機や事件の経緯を詳しく調べています。
北海道警釧路署は9月14日にもSNSを通じて知り合った当時16歳の少女に自宅でわいせつな行為をしたとして、中学校教師の24歳の男を逮捕していて、公務員による不祥事が相次いでいます。

出典:北海道ニュースUHB

北海道では、SNSを通じて少女と出会いわいせつな行為をする事件が増えているようです。
それに対し、住民の先生(教師)に対する信頼感が薄くなってきており、少女の家族は学校へ行かせるのが怖いなどの意見も上がっています。

松浦恒一郎容疑者のFacebook顔画像特定か?

松浦恒一郎容疑者をFacebookで検索すると、アカウントが見つかりました。

おそらく今回逮捕された松浦恒一郎容疑者のアカウントであるかと思います。
出身大学は、北海道教育大学釧路校学校カリキュラム開発専攻だそうです。

また海外への留学経験(アラスカ)もあるそうです。
松浦恒一郎容疑者の年齢が26歳ですが、Facebookには誕生日が公開されていませんでした。
しかし、Facebookの松浦恒一郎容疑者の友達から同級生だと思われるアカウントが複数見つかりました。

その結果松浦恒一郎容疑者は1994年生まれの26歳だったことが特定できております。
おそらくこちらのFacebookアカウントは、松浦恒一郎容疑者も物だと思われます。

松浦恒一郎容疑者のプロフィールや自宅住所は?

名前:松浦 恒一郎(読み方:まつうら こういちろう)
年齢:26才
職業:帯広市の市立小学校教師
出身大学:北海道教育大学釧路校学校カリキュラム開発
自宅住所:北海道帯広市
自宅住所はこちら↓

(上記地図内付近が自宅住所です)
事件があった場所は釧路市内↓

勤務先の帯広市立小学校はどこ?

北海道帯広市内の市立小学校に勤務していたということですが、一体どの小学校だったのでしょうか?
帯広市内にはいくつかの小学校があります↓

帯広市立啓西小学校
帯広市立帯広小学校
帯広市立明星小学校
帯広市立広陽小学校
帯広市立豊成小学校
帯広市立啓北小学校
帯広市立大正小学校
帯広市立開西小学校
帯広市立稲田小学校
帯広市立つつじが丘小学校
帯広市立西小学校
帯広市立緑丘小学校
帯広市立栄小学校
帯広市立北栄小学校
帯広市立東小学校
帯広市立柏小学校
帯広市立愛国小学校
帯広市立光南小学校
帯広市立大空小学校


現在は、松浦恒一郎容疑者の勤務する小学校は報道されていません。
公表され次第、追記したいと思います。

SNSの意見

こんな教師は教員免許剥奪しろ!こんな先生が居る学校に 子供通わせたいですか?

北海道帯広市に住む教師 松浦恒一容疑者(26) 学校名公表してあげて。 イジってね。

どんな状況だったのか?
自分から迫ったのか、迫られたのか知らないけど、若い女の子に迫られると男は手を出してしまうだろう…
でも、失うモノは多いし、交際に発展してからにするとか、よく考えた方がいいね!
でも、SNSで知り合ったのなら男は最初からそれ目的のことも多いか…
どちらにしても、未成年に手を出してはダメだということ

ハッキリ言ってそれ目的で教師になっていると思う。たまたま自分の生徒では無かっただけ。教師の不祥事などもはや無くならないのは目に見えている。。GPS議論だけが、また虚しく響く。

情報公開を40年に延ばしても、
免許再取得3年やと意味なくない?

つくづく大人と未成年のネットに境界を設けた方がいいと感じるわ。

またやるだろう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button