ニュース

沖縄タイムス社員の不正受給:誰?社員の顔画像や名前•実名を判明/特定か?社長は?

沖縄県の新聞社の沖縄タイムスの社員2人が持続化給付金を
不正に受給したとしてSNS上で話題となっております。
沖縄県の新聞社の沖縄タイムスの社員2人は
30代と40代の男性社員が持続化給付金の不正受給に関わったとの事です。
今回は沖縄県の新聞社の沖縄タイムスの社員2人が持続化給付金を
不正に受給した事件について調べていきたいと思います。

沖縄の新聞社:沖縄タイムス社員不正受給?

沖縄県の新聞社、沖縄タイムスは、社員が新型コロナウイルス対策の国の給付金制度を悪用して不正に受給していた問題で、記者会見を開いて謝罪したうえで、警察による捜査に協力し、事実解明に努める考えを示しました。

沖縄タイムスは13日夜、記者会見を開き、武富和彦社長が「新聞社の社員が不正行為を働いたことに対し、責任を重く受け止めている。心よりおわびします」と謝罪しました。

会社の説明によりますと、不正受給をしていたのは関連会社に出向していた40代の男性社員で、個人事業主などが対象となっている国の「持続化給付金」100万円を受け取っていたほか、失業した人などが当面の生活費を無利子で借りることができる「緊急小口資金」の制度などで80万円を借り受けていたということです。

社員は、ことし5月に知人の男性から持ちかけられて紹介された税理士に、10万円の手数料を払ってうその申請をしたということです。

会社の調査に対し、「1000万円を超える住宅ローンがあり、返済に充てようと思った」と不正受給を認めており、返還の手続きを進めているということです。

この社員は同僚などほかの15人にも受給を持ちかけていて、関連会社に所属する30代の男性社員が、「持続化給付金」を受け取れなかったもののうその申請をしたほか、「緊急小口資金」を20万円借り受けていたということです。

沖縄タイムスは警察による捜査に協力し、事実解明に努めるとともに、社内に検証委員会を設けて再発防止などに取り組むということです。

出典:NHK

沖縄タイムス社とは?


会社概要は以下の通りです。

沖縄タイムスは、沖縄県で発行されている地方紙。株式会社沖縄タイムス社(おきなわタイムスしゃ、英称:The Okinawa Times)が発行している。1948年(昭和23年)7月1日に創刊された。愛称は「タイムス」、沖縄県外での呼称は「沖タイ」である。

出典:wikipedia
沖縄タイムスの本社は沖縄県那覇市久茂地2−2−2にあります。

不正受給社員を特定か?


今回の新聞社の沖縄タイムス社の持続化給付金の
不正受給に関与した社員は30代と40代の男性社員2人と言われております。
現在SNS上では炎上しており
特定の動きが出ていますが現状特定には至っておりません。
また一部では税理士事務所が関わっているとの噂もございます。

SNS・ネットの反応

反社会勢力!
謝罪ではすまされない!
いつも政府に言っていることをやって

切り取り政府批判し、政府政策を悪用し税金を不正受給。自分たちがワルだから政府に投影しているのか
単なる疑問。沖縄ではかりゆしウェアが官公庁でも一般的ですが社会的問題であっても上役が謝罪するものなのですか。かりゆしとはめでたいの現地語。紬は値段関係無しに洋服ではTシャツくらいの扱い。ジャケットにネクタイは本土の文化なのか

日本政府をいいだけ批判しておいて
金は受け取るんだね
しかも不正働いてね

やってる事が
反社勢力と同じ
排除されるべきだと思う。
こんな新聞を誰が読むのか。

社員の行動は会社の社風に影響される。
正義面した論評を売りとしているのが、組織の実態は不正行為を行う役職員が支えていたと事は、組織の存在意義に係る深刻な問題です。
外部委員会を立ち上げ、この件のみならず、組織全体のコンプライアンス・モラルを総点検し、報道機関としての説明責任を果たすべきです。

関連記事

Back to top button