ニュース

井田莉歩容疑者逮捕:facebookやインスタ顔画像/写真+住所•動機を特定?勤務先病院を特定か?代理ミュンヒハウゼン症候群?

大阪市内の病院で生後2か月の自分の長男に何者かの血液を入れて
嘔吐させたとして母親が逮捕されました。
大阪市内の病院で生後2か月の自分の長男に何者かの血液を入れて
嘔吐させたとして捕まった母親でアルバイトの井田莉歩容疑者23歳です。
今回は大阪市内の病院で生後2か月の自分の長男に何者かの血液を入れて
嘔吐させたとして捕まった母親は井田莉歩容疑者23歳について
調べていきたいと思います。

井田莉歩容疑者23歳を逮捕

大阪市内の病院で生後2カ月の長男の口に何者かの血液を入れて嘔吐(おうと)させたとして、大阪府警捜査1課は8日、アルバイトの井田莉歩容疑者(23)=同市住之江区新北島7=を傷害容疑で逮捕したと発表した。同課によると、井田容疑者は「血液を注入するようなことはしていない」と否認している。

捜査1課によると、井田容疑者は長男が入院していた1~3月、20回以上にわたって「息子が血を吐いた」と看護師に申告していた。長男は命に別条はないという。

捜査1課は井田容疑者が血液を投入したと判断した。子どもを傷つけるなどして自分に関心を向けようとする「代理ミュンヒハウゼン症候群」の疑いもあるとみて、経緯を調べる。

出典:日本経済新聞
井田莉歩容疑者は容疑を否認していますが
現在大阪府警は調査中との事です。
また上記の記事で「代理ミュンヒハウゼン症候群」という
病気が出てきました一体どういった病気なのでしょうか?

代理ミュンヒハウゼン症候群(とはミュンヒハウゼン症候群の一形態であって、傷害の対象が自分自身ではなく何か代理のものであるような精神疾患である。

ミュンヒハウゼン男爵の切手

多くの場合、傷害対象は自らの子や要介護者であるため、児童虐待、高齢者虐待、障害者虐待と同列に挙げられる。しかしながら傷害行為自体は患者の目的ではなく、手段として傷害行為に及び自分に周囲の関心を引き寄せることで、自らの精神的満足を他者から得ようとしているものである(共依存)。子が患者の傷害の対象である症例では、患者は傷害を目的として行っているわけではないとはいえ、行為が反復・継続し、重篤な傷害を負わされる危険がある。

出典:wikipedia
今回の井田莉歩容疑者の事件に関しては
本人は容疑を否定しており
病気の可能性があるため動機については特定は難しい可能性が高いです。

井田莉歩容疑者facebook:インスタ顔写真特定?


井田莉歩容疑者のFacebookやインスタなどの顔写真を
特定しようとしましたが
アカウントは見つかりませんでした。
メディア等でも未だ顔は今日評されておらず
特定でき次第追記したいと思います。
住所は大阪府大阪市住之江区新北島7との事です。

 

井田莉歩容疑者のアルバイト先の病院は?


画像:大阪府警
今回の事件現場になった井田莉歩容疑者のアルバイト先の病院については
未だメディア等で報道されておらず
特定には至っておりませんが現在調査中です。

SNS・ネットの反応

井田莉歩容疑者(23)を逮捕 大阪市北区の病院「北野病院」で生後2カ月の長男に血液を飲ませる 代理ミュンヒハウゼンか 血液を我が子に飲ませるとか何がしたいんかさっぱり分からんのやけど

恐ろしい母親

代理ミュンヒハウゼン症候群って初めて聞いた

関連記事

Back to top button