ニュース

ふじみの救急クリニック:鹿野院長がコロナに感染=アビガン投与で副作用を語る?自宅療養

テレビに出演し現在の医療体制の状況などを

伝えていたふじみの救急クリニックの鹿野院長が

新型コロナウイルスに感染していたことが明らかとなりました。

すでにアビガンを投与し自宅療養を終え

回復しているとのことですが

コロナの恐ろしさをフジテレビの「とくダネ」で語りました。

副作用のせいか会話が若干おぼつかないようにも感じ

コロナウイルスの副作用の恐ろしさを物語っております。

ツイッターの反応

関連記事

Back to top button