ニュース

光本勇介は守られる?恵比寿テキーラ事件の主犯者?多数の有名人との交友関係

恵比寿の飲食店に勤務する女性が、光本勇介が考案したテキーラゲームにチャレンジをし

死亡した事件で更なる暴露が続いております。

被害者は50名以上にまで遡り過去の行動が次々と暴露されております。

光本勇介が考案したテキーラゲームとは

5分以内にテキーラ1瓶750mlを

一気飲みできたら10万円がもらえるというルールのゲームだそうです。

このゲームにチャレンジした20代の女性は

その後倒れており死亡が確認されました。

警察によると誤嚥性肺炎が死因と断定しましたが

周囲にいた女性や関係者には

テキーラ一気飲みが原因で亡くなったとインターネットで

暴露し大炎上いたしました。

またツイッターでは

Z李という人物が今回のテキーラ事件や

光本勇介の過去の行いなどに関する暴露をし

今回の事件がさらに大きくなりました。

しかしメディアではほとんど報じられることはなく

未だにネットの中の事件という報道のされ方に

疑問を呈している方も多いです。

テキーラ事件の真相は?

2020年11月、東京・恵比寿の会員制高級ラウンジで、同店の従業員A子さん(20)が亡くなった。警視庁渋谷署は事故として処理したが、彼女の死にはあるゲームが関わっている、とネット上で話題に。そのゲームとは「15分以内に750mlのテキーラボトルを飲み干したら挑戦者に10万円を渡す」というもの。テキーラチャレンジと呼ばれるこのゲームを考案し、現場にも居合わせた起業家・光本勇介氏が後にSNSで特定されて大炎上した。

夜の街に馴染みがない人々にとってテキーラ事件の衝撃は大きかったはずだ。しかし、今回話題になった会員制高級ラウンジ(以下、ラウンジ)をはじめ、女性キャストが接客をするキャバクラでは客から無理難題を課せられるのは日常茶飯事だという。(取材・文=真島加代/清談社)

出典:文春オンライン

光本勇介の名前を出すだけで訴えられる?

今回のテキーラ事件で

ゲーム考案者でもある光本勇介氏への批判が相次いでおりますが

過去の問題に関して

Z李さんによると名前を出すだけで弁護士から

連絡が来て従わない場合訴えられると語られておりました。

そのため過去の問題は全てお金で揉み消してきたと

ツイッターやネットでは言われておりました。

しかし今回のZ李さんの暴露により

全てが公になり光本勇介氏への批判が殺到しました。

話が大々的となり光本勇介氏は週刊誌の取材に対応し

今回のテキーラ事件の関与は認めました。

・恵比寿の現場にいたこと

・テキーラゲームを考案したこと

・テキーラゲームは15分で1瓶を飲み干すと10万円もらえるルール

・テキーラゲームをやっていたこと

・テキーラゲームをしその後女性が死亡したこと

・テキーラ一気飲みを最終的に止めなかったこと

死者が出て女性の命がなくなった以上

現場にいたことから今までのように訴えることはせずに

週刊誌の取材に答えた光本勇介氏ですが

今後Z李さんへの報復の可能性があるのではないかと

ツイッターでは話題となっております。

Z李さんによって公となった光本勇介氏に関してですが

過去に被害にあった女性からの暴露やタレコミが

今後次々と出てくる可能性があります。

現状容疑者ではない光本勇介氏ですが

警察はどのように今後の操作を続けるのでしょうか?

またこのままあやふやな状態で

この恵比寿テキーラ事件は終息を迎えるのでしょうか?

多くの芸能人との友好関係が

光本勇介氏は多くの有名人との友好関係があり

今回の事件は芸能界にも衝撃が走りました。

光本勇介氏と多くの有名人が

一堂に集っている写真もTwitterには出回っており

このような事件のあと芸能人との付き合いはどのようになるのでしょうか?

またメディアでの報道が明らかに少ない要因として

このような芸能人との付き合いに関係があるのでしょうか?

Twitterの反応

 

関連記事

Back to top button