ニュース

(韓国)扇風機おばさんが死亡:死因+原因が判明!整形は日本が影響?高須先生が反論

日本のテレビ番組にも取り上げられ有名となった

扇風機おばさんことハン・ヘギョンさんが亡くなりました。

ハン・ヘギョンさんは日本テレビ系列の「世界仰天ニュース」などに

取り上げられ日本で有名となりました。

その背景に顔や頭にいおる注射をすることで

容姿が変貌し「扇風機おばさん」と呼ばれており

過去のハン・ヘギョンさんからは考えられないほどの変貌ぶりで

話題となっておりました。

昔の映像が出るたびになぜ彼女が整形を繰り返したのか疑問が残ります。

TVに取り上げられてからは

整形を繰り返し驚くべき変化を遂げておりましたが

死亡が確認され話題となっております。

また死因はどうのような原因だったのでしょうか?

高須クリニックでお馴染みの高須先生もこの件に関して発言をしておりますので

調べていきたいと思います。

扇風機おばさん死去

扇風機おばさんとして知られる韓国のハン・ヘギョンさんが12月15日に亡くなったことが分かった。

ハン・ヘギョンさんは15日に亡くなり、17日に出棺を終えたが、詳しい死因は明らかにされなかった。

不法整形により一般的な人よりも顔が3倍もの大きさになるという副作用に悩まされたハンさんは2004年に韓国メディアSBSに出演し「扇風機おばさん」と呼ばれるようになった。

ハンさんは自ら顔に大豆油や工業用シリコンなどを注入するなどの整形中毒で顔が膨らむなどの深刻な副作用に苦しめられる毎日。

何度も顔の異物を取り除く手術を受け、かなりマシになった。

元はもの凄い美女だったハン・ヘギョンさんが違法整形の為に壮絶な人生となった。

出典:ニコニコニュース

扇風機おばさんの死因が判明?

今回57歳で死亡が確認された扇風機おばさんこと

ハン・ヘギョンさんですが死因は整形が原因ということが明らかになっております。

整形時の異物が肺に流れ込んだことによる肺機能の低下によるものとのことです。

高須先生が反論?

そんな扇風機おばさんが亡くなったニュースが

日本テレビ系列の「news zero」で報じました。

「整形のきっかけは日本にあった」とコメントした件に関して

高須先生がTwitterで「扇風機おばさん、日本には何の責任もありません」とコメントを

しております。

Twitterの反応

関連記事

Back to top button